×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダF1の歴史

ホンダのF1の歴史は、第1期、第2期、第3期があります。ホンダの歴史の第1期は、1964年のドイツグランプリで、ホンダは、車体やエンジンをホンダ製で、初めてF1グランプリに、参戦しました。1965年での最終戦と翌年の1967年のイタリアグランプリで優勝。排ガス対策の理由で1968年にF1から撤退しました。ここまでが、ホンダF1の第1期の歴史です。第2期は、1983年〜1992年までホンダは、69勝して休止です。ホンダF1は、1987年からの5年間は、連続して、ホンダは、ドライバーズチャンピオンになっています。次にホンダの歴史の第3期は、B・A・Rにホンダが、エンジンを供給を2000年から始める。2006年になるとホンダは、エンジンを供給していたB・A・Rを回収をします。これでエンジン、車体全てホンダ製のオールホンダのF1が実現し、ホンダF1は、グランプリで優勝します。これがホンダF1のチームでは、39年ぶりの優勝だそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タミヤから 1/12 ホンダ F1

あの懐かしいホンダF1が、タミヤから1/12のプラモデルで手に入るそうです。ホンダがF1グランプリを1964年に参戦し、ホンダは、その当時では、画期的なエンジンを開発しました。そのエンジンを縦置きではなく横置きにしました。それでホンダのエンジンは、注目を集め、その翌年にホンダF1がF1グランプリでの初優勝しました。そのような歴史あるホンダのF1が、 1/12のプラモデルでタミヤから、販売されているようですね。またプラモデルということで、作る、組み立てる楽しみがあります。むかしのよき時代を思い出しながら、タミヤの 1/12ホンダF1のプラモデルを作ってみませんか?でもプラモデルを作り始まると止まらなくなってしまうんですよね。 このタミヤ 1/12 ホンダ F1は、車体の内部やイグニッションコードの配線まで忠実に再現されています。タミヤ 1/12 ホンダ F1を作ってみて確かめたいです。

ホンダのF1のカラーリングは、地球です。

ホンダのF1のカラーリング見ましたか?地球です。ホンダのF1のカラーリングは、今世界的に問題になっている。環境問題、地球温暖化を意識したカラーリングですね。ホンダの地球色のカラーリングは、F1では、通常スポンサーのロゴなどが、描かれていますがホンダのF1のカラーリングは、いっさいスポンサーロゴが無くなっています。ホンダは、スポンサーやファンなどに、地球規模で進んでいる環境問題に対して一致団結を呼びかけているのだと思います。ホンダの環境問題へ取り組みとしての狙いは、人々が環境問題の意識の向上、チャリティー活動など、さらに環境団体への資金を調達して、ホンダがF1を通して環境問題に取り込んでいることを宣伝できますね。そして地球温暖化や環境問題などに興味も持たない人々にメッセージを送ることが大事なのですね。個人レベルで考えると小さいちからですけれど、このホンダのような大企業が、環境問題に取り組むということで今まで気にしなかった人たちが、少しでも意識してくれればいいですね。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ホンダのF1の魅力